社会福祉協議会のめざすもの

静岡県社会福祉協議会 ホーム > 社会福祉協議会とは > 社会福祉協議会のめざすもの

社会福祉協議会のめざすもの

住民一人ひとりの福祉ニーズに対応しみんなが安心して暮らせるまちづくりの実現をめざします。

「住み慣れた地域で、家族や友人とともに暮らしたい」...。これは全ての人びとの共通の願いです。こうした願いをかなえるためには、地域の皆さんが互いに支え合うことが必要です。つまり、地域の中では住民の皆さんが福祉の担い手であり、そしてまた受け手でもあります。

社会福祉協議会は創設以来、住民一人ひとりの福祉ニーズに応える活動を積み重ねながら、誰もが安心して暮らしていける「福祉のまちづくり」に、積極的に取り組んでいます。

社会福祉協議会活動の5つの原則

社会福祉協議会は5つの活動原則に基づいて、地域の特性を生かした活動を展開しています。

1.住民ニーズ基本の原則
調査等により、地域住民の要望、福祉課題等の把握に努め、住民のニーズに基づく活動を第一にすすめます。
2.住民活動主体の原則
住民の地域福祉への関心を高め、そこから生まれた自発的な参加による組織を基盤として、活動をすすめます。
3.民間性の原則
民間組織らしく、開拓性・即応性・柔軟性を生かした活動をすすめます。
4.公私協働の原則
社会福祉、そして保健・医療、教育、労働等の行政機関や民間団体等の連携を図り、行政と住民組織との協働による活動をすすめます。
5.専門性の原則
住民の福祉活動の組織化、ニーズ把握調査、地域福祉活動の計画づくりなど、福祉の専門性を生かした活動をすすめます。

ページの先頭へ戻る