日常生活自立支援センター運営

静岡県社会福祉協議会 ホーム > 県社協組織図 > 社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会 事務局組織の概要 > 日常生活自立支援センター運営

日常生活自立支援事業(地域福祉権利擁護事業)とは

komattana.gif

日常生活自立支援事業(地域福祉権利擁護事業)ってなあに?

face_obaasan.jpgあなたが、できるだけ住みなれた地域で、自立して生活できるように、
お手伝い(援助)することです。

どんなお手伝い(援助)があるのかな?

  • 福祉サービスを上手に利用するための、情報提供や利用手続のお手伝い(援助)
  • 公共料金の支払いや年金の受領の確認など、日常的なお金の管理のお手伝い(援助)
  • 通帳や証書など、大切な書類の保管

どんな人が利用できるのかな?

日常生活に不安のある高齢者や障害者(知的障害、精神障害)などの方です。

どこに相談やお手伝い(援助)の利用申し込みをするのかな?

keitai.jpg申し込みは、お近くの相談窓口となる社会福祉協議会です。 お近くの相談窓口にお越しになるか、電話またはファックスでご相談下さい。 相談は無料です。もちろん秘密は厳守します。
相談やサービス利用申し込みの窓口はこちらです。

どんな手続きが必要かな?

あなたの相談を受けた市町社会福祉協議会が具体的なお手伝い(援助)のための「支援計画」を作ります。
そしてその「支援計画」に基づき契約を結んでサービスが始まります。(この契約は、いつでもやめることができます)。
利用希望者の契約を結ぶ能力(契約内容の理解の確かさ)について、各分野からの専門家で構成される「契約締結審査会」が確認を行います。

利用料はかかるのかな?

相談は無料ですが、契約を結んだ上でお手伝い(援助)のサービスについては、有料となります。
ただし、生活保護を受けている方は無料です。

だれがお手伝い(援助)してくれるのかな?

生活支援員という人が、あなたのもとにうかがって、サービスを提供します。この契約や、お手伝い(援助)のしかたに不満があるときは、苦情の申し立てができます。
連絡先は054-653-0840です。

sien.gif

ページの先頭へ戻る