沿 革

静岡県社会福祉協議会 ホーム > 県社協の概要 > 沿革

沿革

静岡県社会福祉協議会の動き
昭 26 (1951) ・静岡県社会福祉協議会発足
・県下各市町村社協が発足(169/284)
昭 27 (1952) ・社会福祉法人格取得(事務所:静岡市鷹匠町76番地)
・3月までにすべての市町村で社会福祉協議会が設立される。
昭 29 (1954) ・第1回県社会福祉事業大会開催
昭 30 (1955) ・「県社会福祉時報」を県社協で発行
・世帯更生資金貸付業務開始
昭 31 (1956) ・第2次社会福祉振興地区指定
昭 34 (1959) ・「県社会福祉時報」を「社会福祉しずおか」に改題
昭 35 (1960) ・静岡県民間社会福祉従事者共済制度創設
昭 36 (1961) ・静岡市曲金に事務局移転
昭 41 (1966) ・「県民生委員協議会」設立
昭 42 (1967) ・「県善意銀行」設置
昭 49 (1974) ・施設職員研修基金「松下基金」設置
・民間社会福祉施設運営基金制度による研修事業開始
昭 50 (1975) ・「福祉を育てる県民運動」発足
昭 58 (1983) ・県総合社会福祉会館の管理運営業務受託
・事務局を現在地に移転
・市町村社協連絡会設置
平 3 (1991) ・社会福祉人材センター設置(研修部、人材情報部の二部体制)
・「県高齢者総合相談センター」の運営を財団法人しずおか健康長寿財団へ移管
平 4 (1992) ・福祉施設経営指導事業受託
平 6 (1994) ・福利厚生センター静岡を事務受託
平 7 (1995) ・シニアボランティア活動の推進開始
平 10 (1998) ・介護等体験事業の連絡調整開始
・沼津福祉人材無料職業紹介所設置
平 11 (1999) ・静岡県地域福祉権利擁護センター設置・運営開始
・「静岡県ふれあい基金」設置(ふれあい基金財団解散)
・「静岡県社会福祉協議会活動推進計画」スタート(H12~H16)
平 12 (2000) ・静岡県運営適正化委員会設置・運営開始
平 13 (2001) ・インターネットホームページ開設運営
平 15 (2003) ・長期生活支援資金貸付制度の実施
・緊急小口資金貸付制度の実施
・ABCしあわせ基金の創設
平 16 (2004) ・「生活福祉資金の貸付けの特例措置に関する協定」の締結
平 17 (2005) ・福祉サービス第三者評価事業の実施
・「静岡県社会福祉協議会第二次活動推進計画」スタート(H17~H21)
平 20 (2008) ・静岡県・市町社会福祉協議会における災害時相互支援協定の締結
・静岡県総合社会福祉会館改修工事終了同時に愛称を募集し、「シズウエル」に決定
・フェスタシズウエルの開催
平 21 (2009) ・介護福祉士等修学資金貸付事業の実施
平 22 (2010) ・「静岡県社会福祉協議会第三次活動推進計画」スタート(H22~H26)
平 23 (2011) ・東日本大震災に係る被災地派遣の実施(岩手県)
平 27 (2015) ・「静岡県社会福祉協議会第四次活動推進計画」スタート(H27~H31)
・生活困窮者自立支援法の施行に伴う、「ふじのくに生活困窮者自立支援コンソーシアム」事業開始
平 28 (2016) ・平成28年熊本地震に係る被災地派遣の実施(熊本県)

ページの先頭へ戻る