災害ボランティア本部とは

静岡県社会福祉協議会 ホーム > 地域福祉活動やボランティア・地域福祉教育などに関すること >

災害ボランティア本部とは

 静岡県の地域防災計画では、県及び市町は、ボランティアの能力が最大限に発揮されるよう、ボランティアや市民活動団体の自主性・主体性を尊重しつつ、ボランティア活動への支援体制を整えることとしています。具体的には、ボランティアの活動を支援するため大規模災害が発生すると、活動拠点・組織として静岡県災害ボランティア本部・情報センター、市町災害ボランティア本部が設置されることになります。

 これらの活動拠点・組織は、平常時から設置されているものではなく、災害が発生してから設置されることになっています。それぞれ市町災害対策本部、県災害対策本部、県災害対策本部方面本部と連携しながら活動しますが、行政の指揮下に入るわけではありません。
 また、静岡県では、住民で構成する自主防災組織がほぼ全ての地域で組織され、互いに協力しながら、組織的に防災活動に取り組んでいます。この他、地域には、消防団や民生・児童委員、学校、事業所など防災力の向上に携わる多様な人々・団体があり、ボランティアの受け入れにあたっては、これらと互いに連携・協力することが不可欠です。
 現実に展開される全てのボランティア活動がその枠に収まるのではなく、多種多様な団体がそれぞれの理念や方法で支援活動を行うことが予想されます。こうした団体と臨機応変に協力し合い、情報交換や役割分担をしながら支援活動を進めることも大切です。

県災害ボランティア本部・情報センター

 静岡県災害ボランティア本部・情報センター(以下、「県本部・情報センター」)とは、県内に1ヶ所設置され、県内全域を対象にボランティア活動の支援を行う広域拠点です。

市町災害ボランティア本部

 市町災害ボランティア本部とは、各市町行政が、災害時に市町社会福祉協議会(以下、「市町社協}という)と連携して設置する地域密着型の組織であって、被災者とボランティアをつなぎ、被災者の自立と生活再建に向けて活動する被災地現場の活動拠点です。

市町支援チーム

 市町支援チームとは、市町災害ボランティア本部を巡回し、その活動を支援するために設けられる、県本部・情報センターの組織の一部です。

災害時のボランティア受け入れ手引き

 本会、静岡県、静岡県ボランティア協会の3者で、災害時のボランティア活動の運営体制をまとめた「災害時のボランティア受け入れ手引き」を作成しています。

ukeiretebiki2.jpg

ダウンロードはこちら

全国の災害ボランティアの動向

<全社協被災地支援・災害ボランティア情報>をご覧ください。

本会の災害対応状況

近年、全国で多発する災害に対して、本会で対応した災害について、お知らせします。

こちらでご確認ください。

市町災害ボランティア本部情報

各市町における災害ボランティア本部の情報をお知らせします。

※提供する情報は、発災した際に各市町社協が運営を予定している「災害用ブログ」です。

こちらでご確認ください。

静岡県社会福祉協議会 福祉企画部 地域福祉課 
 電話番号:054-254-5224

ページの先頭へ戻る