成年後見制度とは

判断能力が不十分な認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者などを法的に守り支える制度です。
成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があり、また、法定後見には後見、保佐、補助の3つの類型があります。

どのような時に必要か?

たとえば、預金の解約、福祉サービスを受ける契約、遺産分割協議、不動産の売買などの行為や手続きが必要になったときに、本人の判断能力が不十分であれば、本人だけでは行うことができなかったり、本人にとって不利益になってしまうおそれがあります。
そのため、本人の判断能力を補い、法的に援助する人を選ぶ必要があります。