新着情報 お知らせ

静岡県社会福祉協議会 ホーム > 新着情報 > お知らせ

お知らせ

2015.12.28社会福祉法人決算実務講座の開催について

1 目  的

  公益性の高い社会福祉法人は、経営情報の積極的な公開に向けて、経営の透明性及び継続性が強く求められています。中でも、法人の経営状態を明確に反映する決算時の資金収支計算書や事業活動収支計算書等財務諸表の作成は大変重要なものであります。そこで、本講座は、新しい会計基準による決算事務の的確な実務処理能力を高めることを目的に開催します。

2 主  催

  社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会

  静岡県社会福祉法人経営者協議会

3 日  時

  平成28年2月16日 (火) 午前10時から午後4時30分まで

4 会  場

  グランシップ 会議ホール「風」11階・12階 会議室1101

  (静岡市駿河区池田79-4  Tel 054-203-5710) 

5 対象者

  社会福祉法人・施設の会計経理の実務担当者及び実務的な決算事務の修得を希望する役職員等

6 研修内容

  社会福祉法人の決算実務について

(1) 決算手続の流れ

(2) 未収金・未払金の計上

(3) 仮払金・仮受金の清算

(4) 退職共済預け金・預り金の確定

(5) 減価償却費の計上

(6) 引当金の計上

(7) 基本金・国庫補助金等特別積立金・その他の積立金の計上

(8) 税金の計上

(9) 科目内訳表の作成

(10) 決算書の作成

(11) 附属明細表の作成

(12)決算書類の整合性チェック

(13) 科目間流用・予備費の使用

7 講  師

  公認会計士  杉山 明喜雄 氏 (本会 経営指導員)

8 参加定員

  300人

*申込多数の場合、調整させていただく場合がありますので、御了承ください。

9 参加費

  1人 3,000円(県社協・県経営協の非会員の方は5,000円)

  *当日は、受付待ち時間の短縮のため、おつりのいらないようご協力ください。

10 申込方法

別紙「社会福祉法人決算実務講座 参加申込書・質問事項」により、平成28年2月2日(火)までに主催者事務局宛てFAXで お申し込みください。

なお、参加者の変更や予約取消等は、2月5日(金)までに御連絡ください。

11 その他

(1)本研修に係る個人情報は、本会の「個人情報に関する方針(プライバシーポリシー)」に基づき、適切に取り扱うこととしており、他の目的で使用することはありません。

(2)参加者の受講票は発行いたしません。定員超過のため参加いただけない場合のみ、事務局から連絡します(事務局からの連絡がない限り、当日おいでください。)。

(3)昼食をお茶付き600円で斡旋します。希望される方は、概数把握のため申込書の該当欄に記入してください。

[事務局]

〒420-8670 静岡市葵区駿府町1番70号

社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会

福祉企画部経営支援課 担当:佐野

TEL054-254-5231 FAX054-251-7508

ページの先頭へ戻る

2015.12.28平成27年度静岡県社会福祉協議会職員採用試験一次試験合格者について

平成27年度 静岡県社会福祉協議会 職員採用試験 一次試験合格者

受験番号  2 、 3 、 4 、     (以上4名)

※一次試験合格者には、別途、郵便でお知らせします。

ページの先頭へ戻る

2015.12.15平成28年福祉カレンダーについて

福祉カレンダーは配布予定数に達したため申込終了とさせていただきます。

たくさんのお申込をいただきありがとうございました。

このほど、ふじのくに健康福祉キャンペーン推進協議会(静岡県、本会等で構成)が主催する「福祉のまちづくり絵画コンクール」の入賞作品による福祉カレンダーを作製しました。

このカレンダーは、子どもたちが「やさしさでつながる福祉のまち」をテーマに描いた絵や、暦欄には祝祭日のほかに、福祉に関わる日(例えば1月17日は「防災とボランティアの日」など)が掲載されているのが特徴です。

御希望の方には無料で配付しておりますので、カレンダー注文書をFAXにてお送りください。

なお、在庫がなくなり次第終了となりますので御了承ください。

サイズ等  縦60センチ、横42センチ、13枚綴り

申込み・お問い合わせ先

      静岡県社会福祉協議会 福祉企画部地域福祉課

      電話 054-254-5224

ページの先頭へ戻る

2015.12.14第4回静岡県福祉広報紙コンクール作品募集期間延長について

第4回広報紙コンクール作品募集及び広報診断講座参加者募集期間を延長致します

県内の福祉サービス事業者や市民活動団体が発行する広報紙を募集し、優秀な広報紙を表彰します。

さらに今年は、表彰式後に広報診断講座を行い、専門家による広報紙の添削・指導を受けられます。

より(・・)伝わる広報紙をめざし、地域福祉活動の更なる推進を目的に実施します。

たくさんのご応募お待ちしています!

広報紙コンクール作品募集について

1 対 象

(1)福祉サービス事業所部門

県内の福祉サービス事業所(保育所や障がい者福祉・介護保険事業所等)が発行している広報紙

(2)市民活動団体部門

県内の市民活動団体(地区社会福祉協議会やNPO、ボランティアグループ等)が発行している広報紙

※(1)、(2)共通事項 

・年1回以上、定期的に発行している広報紙であること。

・平成26年4月1日以降に発行した広報紙であること。

(作成が業者委託でも問いません)

2 応募方法  

次の必要書類を郵送してください。

※お送りいただいた書類は返却しませんので御了承ください。

(1)応募用紙(広報診断講座参加希望の有無、広報紙の添削希望の有無についても御記入ください。)

(2)広報紙 4部(平成26年4月1日以降に発行、同じ号)

3 応募期限  

平成28年120日()消印有効

4 書類送付・問い合わせ先

〒420-8670

静岡市葵区駿府町1-70

静岡県社会福祉協議会 福祉企画部地域福祉課宛て

TEL 054-254-5224/FAX 054-251-7508

広報紙コンクールチラシ・申込書はこちら

広報診断講座について

広報診断講座に参加してより伝わる広報紙にしませんか?

添削希望の広報紙6点を講師が診断、その結果をもとに添削指導を受けられます。

広報紙づくりの悩み・問題点を共有し、解決しましょう。

広報紙のビフォア-&アフター☆明日からの広報紙が変わります!

※広報診断講座のみの参加も受け付けています。お問合せください。

お問合せ先

静岡県社会福祉協議会 福祉企画部地域福祉課 (八木)

TEL 054-254-5224/FAX 054-251-7508

ページの先頭へ戻る

2015.11.16平成27年度 ボランティアコーディネーター実務者研修のご案内

 生活困窮者自立支援制度や改正介護保険制度、子ども子育て新制度、障害者差別解消法など、福祉制度の改革が進み、地域の力(ボランティアの力)が求められる一方、地域の力として期待されるボランティア活動は、福祉分野に留まらず、国際・環境・災害等、多岐にわたっています。

 また、社会福祉法人の施設においては、社会福祉法人制度改革により、地域社会への貢献が求められています。

 このように社会情勢が変化しつつある中、地域で様々な活動を行うためには、新たな活動の提案や受入、組織運営等を行ったり、既にボランティア活動に関わっている人の思いを最大限に発揮できるよう調整・支援していく「ボランティアコーディネーター」の存在は不可欠となっています。

 本研修は、ボランティアコーディネーターの専門性を高めることを目的に開催します。

1 対 象

各施設のボランティア受入担当者 など

2 日 時

【施設職員向け】 平成27年12月3日(木)午後1時~午後4時30分

【社協職員向け】 平成27年12月7日(月)午後1時~午後4時30分

【団体職員向け】 平成27年12月17日(木)午後1時~午後4時30分

3 場 所

【施設職員向け】 静岡市産学交流センター 小会議室 

【社協職員向け】 県総合社会福祉会館シズウエル601会議室

【団体職員向け】 県総合社会福祉会館シズウエル601会議室   

4 内 容

12301300 受付

13001305 開会・オリエンテーション

13051315 挨 拶

13151630 講義・グループワーク等

【施設職員向け】

講  義「施設のボランティア受け入れ課題とコーディネーションの基本視点」

グループワーク「ボランティア受け入れの業務分析を通じて魅力あるボランティア活動プログラムを考える」

講 師  特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会 小野 智明 氏

ボランティア受け入れ施設でのコーディネーションのプロセスとよりよいボランティア活動に展開していくための条件について整理します。そして自らのコーディネーション業務について分析しながら魅力あるボランティア活動プログラムをつくるための視点について学びます。

【社協職員向け】

講 義「ボランティア元年から20年、ボランティア活動のいま」

グループワーク「ポジショニングを考える」

講 師  特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会   疋田 恵子 氏

これまでのボランティアの活動を振り返るとともに、近年の社会情勢からみる、ボランティア活動の在り方やボランティアコーディネーターに求められる役割などを講義し、グループワークでは、地域福祉を推進するための取組(ニーズ把握や社会資源開発、関係機関との連携、近年の福祉制度改革(生活困窮者自立支援法、改正介護保険法、障害者総合支援法等)を基にしたボランティア活動)において、社協のボランティアコーディネーターとしての"立ち位置"について考えます。

【団体向け】

講 義 「ボランティア組織の運営〜その特徴と傾向〜」

講 師  特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会  副代表 理事 小原 宗一氏

※講義やグループディスカッションを交えて実施していきます。

様々なボランティア団体が活動する中、団体を運営する上での課題(高齢化、担い手不足、プログラムのマンネリ化など)は、共通している部分が多くあります。その課題に対して、解決のヒントを参加者同士で話し合うとともに、ボランティア団体に求められるコーディネート力について、学びます。

16:30 閉会

5 申込みについて  

別紙参加申込書によりFAX 、郵送又はE-mailにて提出ください。

6 応募期限  

【施設職員向け】 平成27年11月30日(月) 必着

【社協職員向け】 平成27年12月 2日(水) 必着

【団体職員向け】 平成27年12月14日(月) 必着

7 書類送付・問い合わせ先

〒420-8670

静岡市葵区駿府町1-70

静岡県社会福祉協議会 福祉企画部地域福祉課宛て

TEL 054-254-5224/FAX 054-251-7508

E-mail:chiiki3@shizuoka-wel.jp

詳細・申込書はこちら

ページの先頭へ戻る

2015.11.13平成27年度シニア災害ボランティアシンポジウムを開催します

皆様が持つ経験や繋がりを被災地に役立ててみませんか!

開催日時

平成27年11月27日(金)14:00~17:00(13:30開場・受付)

場所

静岡県総合研修所もくせい会館1階 富士ホール

〒420-0839 静岡市葵区鷹匠3-6-1

参加申込

静岡県危機情報課(静岡市追手町9-6)あて、「11月27日申込」と題し、申込者全員の氏名電話番号(ある場合は)所属名を記され、次の①~③のいずれかでお申込みください。

①電話 054-221-2644

②FAX 054-221-3252

③E-mail boujou@pref.shizuoka.lg.jp

申込締切

平成27年11月20日(金)

参加費・定員

無料 ・ 200名

問い合わせ先

ご不明の点等は電話で

電話 054-221-2644 静岡県危機管理部情報課情報班

詳細・申込書はこちら

ページの先頭へ戻る

新着情報のトップへ戻る

最新記事
月別記事一覧