新着情報

静岡県社会福祉協議会 ホーム > 新着情報

2017.05.29社会福祉法人・施設事務職員経理応用講座開催のお知らせ

1 目  的

  社会福祉法人・施設の会計実務職員等を対象に、新会計基準に基づく社会福祉法人の経理実務に関する実戦的・応用的な知識を習得することを目的に開催します。

2 主  催

 社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会

  静岡県社会福祉法人経営者協議会

3 日時及び会場

※この研修は、共通内容部分1日と施設種別(措置施設関連、介護保険関連、障害者関連及び保育所関連の4区分)内容部分1日(半日)の計2日間です。

※「施設種別研修」は複数種別の受講が可能です。

日 時

施設種別

会    場

共通

平成29年7月18日(火)

午前10時~午後4時30分

全施設

静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」11階 会議ホール・風

(静岡市駿河区池田79-4☎054-203-5713)

施設種別

平成29年7月21日(金)

午前10時~午後0時30分

措置施設

関連施設

静岡県コンベンションアーツセンター

「グランシップ」10階 会議室1001-2

(静岡市駿河区池田79-4☎054-203-5713)

平成29年7月21日(金)

午後1時30分~午後4時

介護保険

関連施設

平成29年7月24日(月)

午前10時~午後0時30分

障害者

関連施設

平成29年7月24日(月)

午後1時30分~午後4時

保育所

関連施設

4 対象者

  社会福祉法人・施設の経理実務担当者及びその他の役職員で社会福祉法人の会計経理に関する実戦的・応用的な知識の習得を希望する者

※経理基礎講座修了者又は社会福祉法人会計処理に関する基礎的知識を有する者を標準的な対象とします。

5 研修内容

  社会福祉法人会計の実戦的・応用的な経理実務

※テキスト項目は次のとおり(一部変更になる場合があります。)。

・仕訳伝票の起票

・応用的な会計処理

・社会福祉法人会計の個別論点

・措置施設の資金使途制限について

・介護保険関連施設の資金使途制限について

・就労支援施設の資金使途制限について

・保育所の資金使途制限について

6 講  師

 公認会計士  杉山 明喜雄 氏 (本会 経営指導員)

7 募集人員

  250人

8 参加費

 1人 6,000円(県社協・県経営協非会員の方は10,000円)

※初日の受付時に徴収させていただきます。

※受付窓口での待ち時間短縮のため、おつりのいらないよう御協力ください。

9 申込方法

別紙申込書により、平成29年7月3日(月)までにFAXでお申し込みください。応募者多数の場合、締め切り前でも締め切る場合がありますので、早めにお申し込み下さい。

10 その他

(1)受講票は発行しません。事前に連絡がない限り、会場へお越しください。

※会場収容人員の都合等で御参加いただけない場合は事務局から連絡します。

(2)本研修会に係る個人情報は、本会の「個人情報の保護に関する方針(プライバシーポリシー)」に基づき適切に取扱い、他の目的で使用することはありません。

(3)7月18日(火)のみ、昼食をお茶付き600円で販売斡旋します。希望される方は、概数把握のため、申込書の「有」を○で囲んでください。

※7月21日(金)及び24日(月)には、昼食の販売はありません。

         

[事務局]

〒420-8670 静岡市葵区駿府町1番70号

社会福祉法人静岡県社会福祉協議会

福祉企画部経営支援課 (佐野)

℡054-254-5231 Fax054-251-7508

Email:soudan@shizuoka-wel.jp

ページの先頭へ戻る

2017.05.26平成29年度 静岡県生活困窮者自立支援研究セミナーを開催します!

1 目 的

平成27年4月から生活困窮者自立支援法施行され、相談事業が展開されるなか、「生活困窮者支援を通じた地域づくり」はまだまだ草創期である。

 平成30年度の法の見直しの方向性を見据えながら、先駆的な取組を学び、生活困窮者を含めた地域のあらゆる住民が役割を持ち、支え合いながら自分らしく活躍できる"地域共生社会"の構築を目指しつつ、同時に生活困窮者自立支援の実践力を深める場を設定する。

2 主 催  社会福祉法人静岡県社会福祉協議会

3 共 催  静岡県

4 後 援  (予定)  

静岡県市長会、静岡県町村会、静岡県市議会義長会、静岡県町村議会議長会、公益社団法人静岡県市町村振興協会、静岡県救護更生施設連絡協議会、静岡県児童養護施設協議会、一般社団法人静岡県社会福祉士会、静岡県身体障害児者施設協議会、静岡県地域包括・在宅介護支援センター協議会、静岡県知的障害者福祉協会、静岡県乳児院協議会、静岡県福祉医療施設協議会、静岡県保育所連合会、静岡県母子生活支援施設協議会、静岡県民生委員児童委員協議会、静岡県老人福祉施設協議会

5 日 時  平成29年7月6日(木)  10:30~15:30 (受付10:00~)

6 会 場  静岡市民文化会館 3階 大会議室 (静岡市葵区駿府町2番90号)

7 対 象  

生活困窮者自立支援制度従事者、県・市町行政職員、市町社協職員、社会福祉事業者、地域包括支援センター職員、NPO・ボランティア関係者、民生委員・児童委員 など

8 定 員  150人 (定員になり次第、締め切らせていただきます。)

9 参加費   無料

10 日程・内容(予定)

日 時

内   容

10:00~10:30

受 付

10:30~10:35

開 会・あいさつ

10:35~12:00

基調講演:「困窮と孤立をうまないまちづくり」

 講  師:中央大学 法学部 教授 宮本 太郎 氏

12:00~13:00

休憩

13:00~15:30

シンポジウム「生活困窮者支援を通じた共生の地域づくり」

【コーディネーター】 

 静岡県立大学 国際関係学部 教授 津富 宏 氏

【シンポジスト】

 ①東京都立川市大山団地自治会会長 佐藤 良子氏  

 ②社会福祉法人総社市社会福祉協議会事務局次長兼

  総社市ひきこもり支援センター"ワンタッチ"

  センター長 中井 俊雄 氏

【コメンテーター】

 中央大学 法学部 教授 宮本 太郎 氏

15:20

閉 会

各シンポジストの紹介

①東京都立川市大山団地自治会 会長 佐藤 良子 氏

【紹介】

1942年宮城県生まれ。99年から、自治会会長として活躍され、団地住民のニーズに合わせた様々な活動を展開し、自治会加入率100%、孤独死ゼロを実現。2004年、内閣府男女共同参画局「女性のチャレンジ賞」受賞。11年、地域活動功労者賞を東京都より受賞。全国各地で講演活動も行なっている。著書に『命を守る東京都立川市の自治会』。

②総社市社会福祉協議会事務局次長兼総社市ひきこもり支援センター"ワンタッチ"センター長 中井 俊夫 氏

【紹介】

1993年に日本福祉大学社会福祉学部卒業、1995年に社会福祉法人総社市社会福祉協議会入職し、福祉活動専門員、総社市地域包括支援センター社会福祉士、障がい者千人雇用センター長、障がい者基幹相談支援センター・総社市 権利擁護センター長などを歴任。

11 申込方法・問い合わせ先

別添「静岡県生活困窮者支援自立支援研究セミナー参加申込書」に記入の上、事務局あてにFAX又は郵送してください。

〒420-8670 静岡市葵区駿府町1-70 TEL:054-254-5237

生活支援部権利擁護課(窪田・海野・小野田)

※個人情報の取り扱いについて

本研修会申込者の個人情報は、本会「個人情報の保護に関する方針(プライバシーポリシー)」に基づき、本研修会の運営に係る目的のみに使用し、他の目的で使用することはありません。本会プライバシーポリシーは、ホームページに掲載しています。(http://www.shizuoka-wel.jp/policy/privacy/

12 申込期限  平成28年6月30日(金)

<会場案内>

kaijoannnai3.jpg kaijoannnai2.jpg

JR東海道本線静岡駅から徒歩20分

静鉄バス利用して10分(「市民文化会館入口」下車。バス停より徒歩1分)

お車等でお越しの場合は静岡市民文化会館ホームページアクセスで駐車場案内等を御参照ください。

<昼食の案内>

当日10時から10時30分まで、業者によるお弁当の注文を承ります。(お茶付、600円)

希望される方は、参加申込書に御記入ください。

講師・コーディネーターのご紹介

講師(宮本 太郎 氏)プロフィール

miyamoto taro HP.jpg

1958年東京都に生まれる。中央大学法学部教授。政治学、福祉政治論専攻。政治学博士。中央大学大学院法学研究科博士課程修了。立命館大学法学部助教授、ストックホルム大学客員研究員、北海道大学法学部教授などを経て、2013年より現職。

 安心社会実現会議委員、内閣府参与、総務省顧問、成長戦略実現会議委員、社会保障改革に関する有識者検討会座長、社会保障改革に関する集中検討会議幹事委員、雇用戦略対話有識者委員、男女共同参画会議議員、社会保障審議会「生活困窮者の生活支援の在り方に関する特別部会」部会長など歴任。現在、労働政策審議会委員、中央教育審議会委員、日本学術会議連携会員、社会保障審議会委員、社会保障制度改革国民会議委員などを務める。著書に『生活保障』(岩波新書)、『社会的包摂の政治学』(ミネルヴァ書房近刊)、『共生保障〈支え合い〉の戦略』(岩波書店)

コーディネーター(津富 宏 氏)プロフィール

tuttomi.jpg

1959年生まれ。静岡県立大学国際関係学部教授。専門分野は犯罪学、刑事政策、評価研究、青少年支援。ウィスコンシン州立大学マディソン校社会学部修士課程修了。法務省矯正局調査係長、法務省浪速少年院教育部門統括専門官、国連アジア極東犯罪防止研修所教官、静岡県立大学国際関係学部准教授などを経て、2011年より現職。

 内閣府「青少年の就労に関する研究調査」企画分析委員、厚生労働省委託  労働政策研究・研修機構 「若年者就職支援のサービス・モデルと支援者の要件に関する研究会」委員、厚生労働省委託  社会経済生産性本部 「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究委員会」委員、内閣府「地域における若者支援のための体制整備モデル事業」中央企画委員会委員、東京都「区市町村における若者の自立等支援体制のあり方検討」作業部会委員、横浜市子ども・若者支援協議会委員、横浜市子ども・子育て会議委員、静岡市社会福祉協議会・地域福祉活動評価推進委員、静岡市青少年問題協議会委員、NPO法人青少年就労支援ネットワーク静岡理事長、一般社団法人静岡学習支援ネットワーク静岡理事長などを務める。

チラシはこちらから(申込書あり)

開催要項はこちらから(申込書あり)

ページの先頭へ戻る

2017.05.10会計・税務相談の5月の日程の変更(2回目)について

5月の会計研修の日程を次のとおり変更します。

たび重なる変更で御迷惑をおかけしますが御了承ください。

<変更後の5月の会計相談日程>

5月

17日

14:00~16:30

電話・面接相談

23日

14:00~16:30

電話・面接相談

24日

9:30~12:00

電話・面接相談

25日

14:00~16:30

電話・面接相談

ページの先頭へ戻る

2017.04.28小地域福祉活動のすすめ~ふだんのくらしのしあわせのために~【発刊】

目 的

このたび本会では、住民の皆さまが「何か地域のためにしたい」「何をどうしたらよいかわからない」といった"想い"を形にするための手引きとして、標記冊子を作成しました。

本冊子では、地域の〝ちょっとした困りごと"を地域住民自らが解決していくための方法や既に活動している団体の事例を掲載しております。

また、本冊子を作成するにあたり、「地域住民の皆様が手にとって、読んで、活動していける」ことをコンセプトに作成しました。

本冊子を通じて、住民の皆さまの"想い"と社会福祉協議会が使命とする地域福祉の推進の"想い"がつながり、「共に気づき」「共に学び」「共に行動する」ことで、よりよい地域にしていくため、是非、御活用いただければ幸いです。

内 容

第1章 「ふだんのくらしのしあわせ」のために

第1節 地域には、どんな困りごとがあるの?

第2節 困りごとがあったら、どうしたらいいの?

第3節 一人で悩まず、みんなで行動しよう!

第2章 「ふだんのくらしのしくみづくり」に取り組もう!

第1節 困りごとを解決していくための小地域福祉活動

第2節 地区社会福祉協議会とは?

第3節 こんな時どうする?~いろいろな仕組み~

第3章 「ふだんのくらしの活動」をしろう!

第1節 『いつでも誰でも』居場所の活動事例

第2節 『身近な相談所』ボランティア相談の活動事例

第3節 『お互いさまの気持ち』家事支援の活動事例

第4節 『子どもの未来を』子ども支援(子ども食堂)の活動事例

第5節 『元気が一番』ふれあい・いきいきサロンの活動事例

第6節 『さりげない気づかい』身近な見守りの活動事例

第7節 『あなたの力を地域へ』団塊世代の活動事例

第4章

第1節 「ちょっと聞いてみたい」 Q&A

第2節 活動を行う上で「ちょっと気になる"こと"と"ことば"」

ダウンロード

ダウンロードはこちら (PDF:5,522KB)

DSC_0207.JPG

編集・発行

編 集  社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会  小地域福祉活動リーダー養成プログラム作成委員会

監 修  国立大学法人 愛知教育大学 増田 樹郎

発 行  平成29年3月

      社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会 (〒420-8670 静岡市葵区駿府町1-70)  

                電話:054-254-5224 FAX:054-251-7508

ページの先頭へ戻る

2017.04.26社会福祉法人・施設事務職員経理基礎講座の開催について

1 目  的

社会福祉法人・施設事務職員等を対象に、社会福祉法人の新会計基準に基づく会計処理の基礎的な理解や知識の習得を図ることを目的に開催します。

2 主  催

社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会

静岡県社会福祉法人経営者協議会

3 日  時

平成29年6月20日(火)及び22日(木)の2日間

2日間とも午前10時から午後4時30分までです。

4 会  場

静岡労政会館 6階ホール

静岡市葵区黒金町5番地の1 電話 054-221-6280

(JR静岡駅北口 徒歩7分) 

5 対象者

社会福祉法人・施設の経理実務担当者及び会計事務に関する知識の習得を希望する役職員のうち、簿記入門修了

または同程度(複式簿記の基本的仕組がわかる程度)の知識を有する方

6 研修内容

 以下の内容について2日間かけて学びます(変更になる場合があります。)

・複式簿記の復習

・社会福祉法人会計における帳簿組織と財務諸表等

・社会福祉法人会計における財務諸表の考え方

・社会福祉法人会計における仕訳の考え方

・社会福祉法人会計の勘定科目

・会計伝票起票例

・事前質問事項の解説・質疑応答

7 講  師

公認会計士  杉山 明喜雄 氏 (本会 経営指導員)

8 参加定員

150人(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

9 参加費

1人 6,000円

ただし、県社協・県経営協の非会員の方は10,000円です。

なお、 参加費は初日の受付でいただきますが、受付時間の短縮のため、おつりのいらないよう御協力ください。

10 申込方法

別紙「社会福祉法人・施設事務職員経理基礎講座参加申込書・質問事項」により、平成29年6月9日(金)までに主催者事務局あて、FAXでお申し込みください。

申込書はこちら

11 その他

(1)本研修会に係る個人情報は、本会の「個人情報の保護に関する方針(プライバシーポリシー)」に基づき適切に取り扱い、他の目的で使用することはありません。

(2)参加者の受講は発行しておりません。連絡がない限り当日参加してください。

(3)昼食をお茶付き600円で斡旋・販売します。希望される方は、概数把握のため申込書の所定の欄に記入のうえ、当日受付時に食券をお買い求めください。             

[事務局]

〒420-8670 静岡市葵区駿府町1番70号

社会福祉法人静岡県社会福祉協議会

福祉企画部経営支援課

TEL054-254-5231 FAX054-251-7508

研修会場 (静岡労政会館)

kaijo.jpg

住  所  〒420-0851 静岡市葵区黒金町5番地の1

電話番号  TEL054-221-6280

(静岡駅北口から徒歩7分)

駐車場がありませんので公共交通機関を御利用ください。

参加申込・質問事項の送付先

※ FAXで平成29年6月9日(金)までに提出してください。

〒420-8670 静岡市葵区駿府町1番70号

社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会

福祉企画部経営支援課

℡054(254)5231 Fax054(251)7508

ページの先頭へ戻る

2017.04.26社会福祉法人簿記入門講座の開催について

1 目  的

法人・施設事務職員等を対象に、社会福祉法人会計の前提となる複式簿記の基本的な仕組を理解することを目的に開催します。

2 主  催

社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会

静岡県社会福祉法人経営者協議会

3 日  時

平成29年6月12日(月)午前10時から午後4時30分まで

4 会  場

静岡労政会館6階ホール

静岡市葵区黒金町5-1

(JR静岡駅北口 徒歩約7分)

5 対象者

社会福祉法人・施設及び市町社会福祉協議会事務担当職員のうち、初めて複式簿記に携わる実務担当職員等

6 研修内容

複式簿記の仕組みについて

(1)複式簿記の流れ

(2)資産、負債及び資本

(3)収益、費用

(4)貸借対照表と損益計算書との関係

(5)取引、勘定科目及び仕訳

(6)仕訳伝票の記入の仕方

(7)仕訳と総勘定元帳への転記

(8)各勘定科目の合計と残高

(9)試算表の作成

(10)決算とは

7 講  師

公認会計士  杉山 明喜雄 氏 (本会 経営指導員)

8 定  員

100人(定員になり次第締め切らせていただきます。)

9 参加費

1人 3,000円(当日は、釣銭の無いよう御協力ください。)

ただし、県社協・県経営協の非会員の方は5,000円です。

10 申込方法

別紙「社会福祉法人簿記入門講座参加申込書・質問事項」により平成29年6月1日(木)までに主催者事務局宛てFAXでお申し込みください。

申込書はこちら

11 その他

(1)本研修会に係る個人情報は、本会の「個人情報の保護に関する方針(プライバシーポリシー)」に基づき、適切に取り扱うこととしており、他の目的で使用することはありません。

(2)参加者の受講票は発行しておりません。連絡がない限り、当日お越しください。

(3)昼食をお茶付き600円で斡旋・販売します。希望される方は、概数把握のため申込書の所定欄のうえ、当日受付時に食券をお買い求めください。

[事務局]

〒420-8670 静岡市葵区駿府町1番70号

社会福祉法人静岡県社会福祉協議会 福祉企画部経営支援課

TEL054-254-5231 FAX054-251-7508

[会場案内]

会場案内図

※ 徒歩の場合、JR静岡駅から約20分、 静岡鉄道新静岡駅から約10分です。

※ 参加者向けの駐車場はありませんので、公共交通機関を利用して御来場ください。

ページの先頭へ戻る

最新記事
月別記事一覧